Team

訪問看護ステーションにこのスタッフを紹介!

川俣沙織(看護師)

訪問看護ステーション にこ 管理者

【紹介】
福島県会津若松市の竹田看護専門学校を卒業後、庄内余目病院へ入職。循環器・心臓血管外科・ICUCCU病棟へ従事したのち、外科病棟へ。一般外科周手術期、ターミナルケア、創傷ケア、婦人科、口腔外科看護を経験。院内では医療安全管理者としても活動。がん末期の患者さんの看護をしている中で、「患者さんが家に帰りたいときに帰れない現状」を目の当たりにし、在宅医療の道へ踏み出すことを決意。「住み慣れた場所で過ごしたい」というお気持ちに、迅速かつ適切なケアをお届けすることをモットーに、201612月訪問看護ステーションにこを設立。現在に至る。

【現職】
山形県訪問看護ステーション連絡協議会 副会長
庄内地域保健医療協議会 在宅医療専門部会 委員

井上志保子(看護師)

訪問看護ステーション にこ 主任

【紹介】
荘内看護専門学校卒業後、庄内余目病院へ入職。入職当初より漠然と「将来は在宅医療へ携わりたい」と考えていた。14年間外科病棟でたくさんの経験をさせていただき、自分が求める看護ビジョンが明確になりだした頃、川俣社長から「一緒に在宅に飛び込もう!!」と熱烈なラブコールを受け、全く迷いなくYESと即答し現在に至る。在宅医療に関わり数年になるが、毎日が連続ドラマの繰り返しで、皆が主人公で脇役は存在しない。「奥深い在宅医療」に対し、「こでらいね!!(庄内弁でとてもいいという意味)本当でもっしぇ!!(庄内弁で本当に楽しいという意味)」と実感している。誰もがドラマティックで最高の人生が送れるような看護を目指し、日々邁進中。

阿彦妙子(看護師)

訪問看護ステーション にこ 副主任

【紹介】
秋田県能代市の秋田しらかみ看護学院を卒業後、庄内余目病院へ入職。循環器科・心臓血管外科・脳外科病棟に勤務。心臓血管外科・脳外科の周手術期や心不全、脳梗塞、脳出血などの看護ケアに携わる。2008年父が57歳の時脳出血で倒れ、介護が必要な状況に。在宅で介護することの大変さを感じる中、葛藤の日々を過ごしていた。看護師として「在宅で介護する方の気持ちに寄り添いたい。」という想いが強くなり、訪問看護の道へ。介護開始から10年後、父は大切な人達に囲まれながら自宅で逝去。「大切な人に寄り添えるかかわりができるよう力になりたい、在宅介護の素晴らしさ、感動をもっと伝えていきたい。」と日々邁進中。

飯鉢千佳(看護師)

【紹介】
新潟県南魚沼市にある北里大学保健衛生専門学院を卒業後、庄内余目病院へ入職。循環器科・心臓血管外科・脳外科・内科・外科病棟に勤務。がん患者さんの看護をしている中で、自宅へ退院することができない方も多く、在宅医療の重要性や需要が高まることを実感していた。「在宅で過ごす療養者様のお力になりたい。」と思い、2017年5月より現職に至る。 「笑顔を忘れず、関わって下さる皆様に元気を与えること。」「利用者様はもちろん、24時間休みなく介護されているご家族様のお気持ちにも寄り添い、不安や悩みを解決し、安心して在宅療養が過ごせるような関わりができること。」を大切にしている。

齋藤斉子(准看護師)

【紹介】
庄内余目病院へ20年間勤務したのち定年退職。以前より「自宅などで、1人で生活することが困難な方をサポートできる仕事がしたい。」という想いがあり、思い切って訪問看護に従事することを決意し、現在に至る。訪問看護の魅力は、「一人の利用者様とじっくり向き合って関われること」と感じている。自分自身、いわゆる「高齢者」の域に属しているが、スタッフみんなに支えられ、毎日楽しく従事している。ご利用者様・ご家族様に、「にこが関わってくれてよかった。」と思っていただけるよう、心を込めて看護することを大切にしている。

山本真(看護師・保健師)

【紹介】
山形県立保健医療大学看護学科を卒業後、仙台厚生病院へ入職。消化器外科・呼吸器外科へ勤務し、周手術期やストーマ管理、人工呼吸器管理等、急性期看護を経験。その後酒田市立八幡病院へ入職。もともと学生の頃より地域医療へ感心を持っていたが、急性期から慢性期を経験する中で、予防や在宅医療の重要性を感じ、「訪問看護」への関心を深めていった。縁あって現在の上司である川俣と出会い、訪問看護の魅力に惹かれ、踏み出すことを決意。学びを深めるため、東京の訪問看護ステーションへ1年半、管理者として勤務し、2018年1月より現職へ。 「訪問看護から地域生活を健やかに。患者様が帰りたい場所に帰るために。」をモットーに日々邁進中。

菅原衣里子(看護師)

【紹介】
酒田准看護学校卒業後、小児科クリニックへ勤務。その後庄内余目病院へ入職。病院勤務する中で、先輩看護師の知識の豊富さや素早い判断力を目の当たりにし、また一から看護を学びたいと看護学校入学を決意。山形市の篠田看護学校へ入学し、2年間の修学後、晴れて看護師資格を取得。その後、余目病院へ再就職し、外科、内科看護を経験。子育てを機に、「1人1人とゆっくり関われる看護がしたい」と思い、徐々に「訪問看護」に興味を抱き、現在に至る。利用者様にじっくり関わらせていただくことができるこの仕事に、とてもやりがいを感じている。「利用者様のご家族のように、心に寄り添った看護」をモットーに日々邁進中。